サイトメニュー

社労士の選び方とその効果

カウンセリングを受ける男性 社労士にうつ病由来の障害年金請求を一任する際は、この手続きに明るく、手厚いサポートが整う事務所を選びましょう。素人では乗り越えるのが困難な障壁もクリアできるため、障害年金請求では、社労士がもたらしてくれる効果は大きなものとなっています。

詳しく見る

気持ちが重い場合

悩む男性 体調が悪くうつ病になってしまった場合には、障害年金を申請できますがそれぞれ等級によって金額がわかります。請求する場合の準備としては、事前に診断書を必要とするところです。診断書は、医者が書くものになりますので準備をしてもらいましょう。

詳しく見る

金銭の管理も必要

カウンセリング 精神の病で、高齢うつも問題化されています。治療するにも治療費を年金から出すこともあるようです。しかし、その年金の使い道、これを管理できるまでに症状を回復、改善させることが必要だといい、しっかり治療を行いましょう。

詳しく見る

精神的な病気の場合

ハートと聴診器 うつ病として障害認定されるためには、診断書が必要ですが診断書の内容によって等級が変わってくるところです。もちろんその等級内容によってもらうお金も変わってくるでしょう。ちなみに、障害年金はさかのぼってお金をもらうことが可能になります。

詳しく見る

免除されるサービスを活用

女性 女性が患いやすい精神病の1つといわれるのが、うつです。産前や産後はブルーな気持ちになりやすく、発症する女性は治療より子育てを選びます。だからこそ、休養できる治療法として年金にまつわる得する情報、サービスが注目されています。

詳しく見る

精神的に辛い場合には

カウンセリング

特徴と選び方

最近は、医療に関わる人が増えてきている傾向があり、様々な対応策が考えられています。そのうちの1つは障害年金になります。障害年金の特徴はなんといっても、会社に行くことができず給料がもらえない場合でも受給することができることです。もともと、長期的に入院をしている人や怪我などをして働くことができない人向けに作られたのが障害年金ですが、最近はうつ病の人が増えてきているため、うつ病にも適用されるに至ったわけです。ただ、この中にもいくつか種類があり1級から3級までの3種類があることを理解しておくことが大事になります。このうち、アルバイトの人に関しては3級だとお金をもらう事はできません。ところが、会社員の場合には3級でもお金をもらうことができるのが特徴になります。また、2級以上の場合には、子供がいる場合、子供の分をもらうことができるのも大きな特徴と言って良いでしょう。ただ、この場合にはいくつか条件がありますので、それぞれの条件を満たすことが必要になります。

うつ病になってしまった場合には、障害年金を活用することができるものの、どのように活用するかを明確にしておかなければなりません。うつ病による障害年金は、憲法第25条の必要最低限度の生活を国民が営めるようにするためにできた仕組みの1つです。そのため、障害年金自体はそれほど多くの金額をもらうことができるわけではありません。概ね一人当たりの受給額は1年間で75万円から85万円位になるのが妥当と考えて良いでしょう。この場合、会社に行ける時といけない時があり、完全に会社を休んでいない場合でももらうことができることもあります。この場合、給料単独だけでは少ないですが、年金の受給と合わせて考えれば必要最低限の生活を営むことを十分可能でしょう。またもし、完全に会社に通うことができない場合でも受給金額だけで生活することは不可能ではありません。子供の分や配偶者の分が支給されることもありますので、この点を考えれば妥当な金額とも言えるでしょう。このように、自宅で療養するだけでなく、必要最低限の生活をするときに用いるためのものと考えて良いでしょう。