サイトメニュー

金銭の管理も必要

カウンセリング

周りもサポートしよう

年金を受給する年代の男女でも【老後うつ】という心の病気にかかることもあり得るのです。うつであるならば、抗うつ剤や安定剤なども取り入れた療法を行う精神科・心療内科にて治療を受けましょう。緩やかに改善させることができます。そのような中、初めて年金を受給するのなら、振込額の通知書が届くはずです。また、本人の気持ち、症状の度合いによっては医療機関においても年金支援機構においても、家族が委任状を持参すれば悩み相談ができます。というのは、うつなら落ち込みや劣等感に苛まれる症状が現れることもあるからです。誰かに話しを聞いてもらいたい気持ちもあれば、不安定な状態が多くなり、判断や分別がつかないこともあり得るかもしれません。人がいい、こうした性格の人がうつになりやすいと言われています。相手を騙してお金を振り込ませる、例えば、子を装って、医師を名乗って、年金を振り込ませるトラブルもあるようです。被害に高齢者が巻き込まれることもあるようですし、「話しを聞いてくれたから」という優しさから老後のお金を使ってしまうより、自分を支える家族に管理を頼みましょう。治療には小さくはない治療費が発生しますから、何よりまずは心を取り戻すことが優先です。

うつになった人にとっての年金は、福祉や医療の面で必要なお金です。本人の委任状がない場合、年金の相談は難しいようですが、ただし、家族が相談の場合で、本人の身体の障がいが理由である時は、委任状がなくても可能なようです。その際は、精神障害者保健福祉手帳であったり、療育手帳などを持参しましょう。精神科・心療内科などに入所している時は、医師の証明書類なども必要になります。うつの治療では、自己管理ができる時とできない時の差が激しく、年金の話も後回し(蔑ろ)になりがちです。初めての精神の病気、初めての年金の受け取り、そうした初めて尽くしであれば、環境の変化に気をつけましょう。なるべく、本人が受診や受給に行動的であるのが理想ですが、これらが難しい場合には、ルールやマナーと捉え、周りがその旨を専門機関に伝えることが必要です。また、単身で経済的にも不安で、うつだけでなく高齢者特有の疾病などを抱えている場合もあるかもしれません。性格・行動特性からも、生活指導上の困難性を有しているならば、福祉・医療の手を借りなければなりません。アドバイスとしては、どうしたらいいのか、何から始めるべきなのか、家族の会があるように、うつの人の会もあるので利用してみましょう。