サイトメニュー

気持ちが重い場合

悩む男性

費用と準備の仕方を知る

うつ病にかかった場合には、何かと費用がかかるものです。一般的には、病院に通院するときの費用がこれに該当するでしょう。精神科の場合には、手術などをするわけではありませんので大きなお金がかかるわけではありませんが、毎週通うとそれなりに負担が大きくなってしまいます。もし、この段階で会社になかなか行くことができない場合には、障害年金をもらうことが可能になるでしょう。障害年金をもらう場合、どれぐらいのお金をもらうことができるかが問題になります。基本的に等級によって分かれてきますので、その点を理解しておくとわかりやすいです。3級に該当する場合は、毎月6万円の支給になるでしょう。この場合には、気分や意欲が失われており、思考障害が起こっていることが重要になります。比較的軽い部類になりますので、支払われる金額もそれほど多くありません。これに対して、2級になると 3級の条件に加えてうつによる日常生活の制限を受ける場合です。さらに、1級になると介護が必要なレベルに到達していることが必要です。つまり、一人で生活することができない状態まで追い込まれていることが重要になります。1級の場合には、毎月7万円から8万円ほどの支給がされると考えてよいでしょう。

うつ病になってしまった場合の障害年金の申し込み方法ですが、基本的にいくつか条件があります。まず一つは、現在働いていないことや働いていたとしてもうつ病によりあまり職場に行けていないことが重要になります。よく、働いていなければ申し込むことができないと勘違いしている人もいますが、必ずしも職場に行っていれば障害年金をもらえないわけではありません。最終的に、うつ病がどのような状態なのかを判断するのは担当した医者になります。担当した医者がそれほど問題ないと判断すれば、年金がもらえなくなりますのでしっかりと判断してくれる病院に行くことが重要になります。それに加えて、診断書をしっかり書いてくれるような医者に任せることが重要になります。中には、申し込みに必要な診断書を書いてくれないようなところもありますので、注意しましょう。もし、遡及請求をする場合には、その時点からの診断書をもらっておかなければなりません。後は、会社からの書類も用意しておかなければなりませんので、書類を取り寄せることが必要になります。