サイトメニュー

免除されるサービスを活用

女性

女性特有の病気をカバー

精神科・心療内科が専門となるうつ病の治療に、終わりという概念はありません。心のモチベーション次第、環境次第など、うつを再発する様々な要因(キッカケ)がそこら中に転がっているからです。例えば、【産前・産後うつ】は、我が子を愛せるだろうか、育児の難しさやサポートがないことからも発症するようです。今、救いの手として、国民年金保険料の免除の情報が注目されています。出産月が5月なら、4月から7月分が免除されます。ここで気をつけたいのは4月以降が対象ですから、2月出産ならば4月分のみ免除になる点を把握しておくということです。もちろん、将来の年金額の影響を心配するのであれば、付加保険料は納付可能ですから、検討してみましょう。また、精神科・心療内科では、早産や流産の出来事(経験)がキッカケで、うつを発症することも取り上げています。妊娠4カ月以上であれば、こうした場合であっても免除対象になりますから、心強くもあるでしょう。気をつけたいのは手続きをしなければならない点で、休養が必要なうつでは、生涯にわたり周りがサポートしてあげましょう。

女性の中には【産前・産後うつ】、こうした病名がつくケースもあるといいます。今、出産予定日または出産日が属する月の前月から4ヶ月間の国民年金保険料が免除されることをどれだけの女性が知っているでしょうか。これまでは厚生年金加入者にしか認められていなかったものの、第1号被保険者(自営業の女性、夫が自営業である妻)も対象になっています。免除であるため、将来の受給額が減ってしまうワケでもなく先行き不安もなく、安心です。この仕組みを理解する医療機関においては、自営業での長期間仕事を休むことが難しい点を指摘しています。うつの治療は大概、投薬(薬物療法)、カウンセリング(精神療法)とともに、休養(環境療法)の3本柱で行われます。自営業ならば産休という概念もなければ、日頃から休養すら取れない妊婦もいるでしょう。納付するはずであった4ヶ月分の保険料を休養に割り当てることや、働けないことで収入減となる点をカバーすることができます。多少なり余裕が出たり、リフレッシュできたりすることにより、うつが緩和されるようです。