サイトメニュー

精神的な病気の場合

ハートと聴診器

種類と理解しておきたい情報とは

精神的な病気にかかった場合、見た目からなかなかわかりませんが本人は会社を休まなければならないようなこともあります。その代表的なものがうつ病ですがこの場合障害年金をもらうことが可能です。障害年金をもらうときの特徴としては、種類が3種類ほどありますのでよく確認しておくことが重要になるでしょう。具体的な内容は、1級から3級まで存在しており、それぞれ支給額が異なることと、認定基準が異なることが特徴です。ただ、会社員の場合とアルバイトの場合では考え方が少し異なるのでこの点も理解しておかなければいけません。3級に該当する場合、アルバイトならばお金をもらうことはできません。そのため、アルバイトの場合には2級以上に該当しなければお金をもらうことができないわけです。一方会社員の場合は、3級に該当すれば問題なくお金をもらうことが可能になります。それぞれの基準として、介護が必要な状態の場合には1級に該当します。2級の場合には介護までは必要ではないけども自分自身で生活することがかなり厳しい状態のうつです。診断書や提出する書類によって何級になるか分かれるでしょう。

うつ病で障害年金をもらうときに理解しておきたい情報は、さかのぼってもらうことができることです。うつ病の場合、最初に診断するときに会社を休んでいないことが多いです。会社を休むレベルになるとそれなりの重度の状態です。もちろん1日ぐらいは休むこともあるかもしれませんが、長期的に休んだり会社を辞めてしまったりする状態はかなり重度の状態と考えてよいでしょう。つまり、最初に医者に行ってうつ病と認定された場合、まだ障害年金の申請をしていないはずです。その後、時間が経過し人によっては状態が悪くなることが考えられます。例えば、1年前に初めてうつ病と診断された人が、1年経過した現在の段階で会社に行けない状態まで悪化していた場合、障害年金を申請することになるでしょう。この場合には、申請した段階でお金をもらうことができますが最初に診断した時までさかのぼることになります。つまり、1年前からさかのぼってうつ病と認定されることになるでしょう。子供や配偶者がいる場合、さかのぼった方が都合がよいことがあります。